ホーム > 美的生活 > 日焼け対策|日焼け止めの選び方

日焼け対策日焼け止めの選び方

炎天下の海辺や雪山で浴びる紫外線と、通勤や買い物などの日常生活で浴びる紫外線の量や強さは同じではありません。
紫外線をきちんと防ぐためには、生活に合った日焼け止めを選ぶ事が大切です。

  PAとSPFって何!?
日焼け

肌老化の原因UV-Aを防ぐ値は ≪PA≫

PAはProtection Grade of UVAの略でUV-Aによる日焼けをどの程度遅らせることのできるかを測定したものです。
4段階で表示されます。
PA++「かなり効果がある」
PA+++「非常に効果がある」
PA++++「極めて高い効果がある」
UV-A波の肌への影響は深刻であることが分かり2013年から新たに高い「PA++++」の基準が加わりました。

日焼けの原因UV-Bを防ぐの値は≪SPF≫

SPFは、Sun Protection Factorの略でUV-Bによる日焼けをどの程度遅らせることのできるかを測定したものです。
例えばPA50という値は、UVカットをしていない時より日焼けを50倍以上遅らせることができるという事です。


  塗り方のポイント
日焼け

・お顔全体にむら無く塗り、鼻筋や頬骨は重ね塗りをしましょう。
・日焼け止めの上からパウダーファンデーションを上につけUV効果をアップさせましょう。
・2~3時間で塗り直しをしましょう。汗をたくさんかいたり、長時間野外にいる場合はこまめに塗り直すことが重要です。
・耳、首、あご下、肩、デコルテ部分も忘れずに塗りましょう。
・目の際、小鼻の横などの細かい部分は麺棒を使うと隅々までキレイに塗れます。


  選び方のポイント

SPF効果として日焼け止めクリームに配合されている成分は大きく2種類あり吸収するタイプは肌質によっては肌荒れの原因になり、乱反射させるタイプは吸収するタイプに比べ肌への負担が少ないのですが、キープ力が短くなります。
しかし、日焼け止めを全く使わない時の紫外線の影響の方がお肌に大きな負担になりまりますので、状況に合わせて数値を選ぶのが賢い美肌への道です。
家事や洗濯物を干したり、近所へ買い物などの日常生活にはSPF15~20/PA+~+++
長時間の外出や海山など紫外線を直接浴びる場所での活動にはSPF30/PA+++~++++以上を目安にしてください。

このページのトップへ

無料会員登録でお買い物で使える500ポイントプレゼント

代引手数料いつでも無料!税込10,000円以上お買い上げで送料無料

マイページ

ログイン

ご注文履歴など、お客様情報をご覧いただけます。

新規メンバー登録(無料)

無料メンバー登録で化粧品・スキンケア用品をお得にお買い物!

道端アンジェリカさんプロデュース夏のヨガデトックス

美的生活

キャンペーン情報

商品カタログアイテムを選択




一覧を見る

CEFILIA

EYE ROLL ESSENCE

ケータイからお買いもの

Copyright © 2005-2017 Mio Inc. All Rights Reserved.